クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

インタビュー

  • Official髭男dism、このチームだからこそ「困難も乗り越えられる」

    Official髭男dism、このチームだからこそ「困難も乗り越えられる」

    映画

     4人組の人気バンド・Official髭男dismが、公開中の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』に主題歌として新曲「Laughter」を書き下ろし、『コンフィデンスマンJP』シリーズと3度目のタッグを果たした。同シリーズの連続ドラマの主題歌「ノーダウト」で2018年にメジャーデビューし、一躍スターダムへと駆け上がった彼ら。これまでの道のりを振り返ると、メンバーへの信頼感があふれ出した。Official髭男dismが語る転機、そしてコロナ禍で芽生えた思いとは?

    Official髭男dism

    コンフィデンスマンJP...

    インタビュー

    映画


  • 乃木坂46・与田祐希、ヘアカットの反響に喜び「切って良かったなって」

    乃木坂46・与田祐希、ヘアカットの反響に喜び「切って良かったなって」

    映画

     5月に20歳の誕生日を迎え、6月にはロングヘアをバッサリ20cm以上切ったことが話題となった乃木坂46の3期生・与田祐希。「ショートボブの自分にだいぶ慣れてきました」と中学生以来の短さという新ヘアに笑顔を見せ、周りからも好評だという。そんな与田に改めてイメージチェンジをしようと考えた思いや、ヘアカット後の変化、またヒロイン役を務めた映画『ぐらんぶる』(8月7日公開)の撮影エピソードを聞いた。

    与田祐希

    乃木坂46

    インタビュー

    ぐらんぶる


  • 関水渚、「打ち込めるものがなかった」10代 今の夢は長澤まさみとの再共演

    関水渚、「打ち込めるものがなかった」10代 今の夢は長澤まさみとの再共演

    映画

     人気シリーズの劇場版第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(公開中)で、長澤まさみ演じるダー子の弟子としてチームに参戦し、フレッシュな魅力をさく裂させている関水渚。映画『町田くんの世界』(2019)で本格女優デビューを果たし数々の賞に輝いた彼女だが、女優という道を見つけるまでは「ずっと打ち込めるものがなかった。何者でもなかった」と告白する。今回、「長澤さんにこれからも進んでいくための力をもらった」という関水が、自身に起きた“3つの転機”について語った。

    関水渚

    コンフィデンスマンJP...

    インタビュー

    映画


  • 日向坂46・齊藤京子、佐々木美玲、潮紗理菜が明かす「改名」への本音と今

    日向坂46・齊藤京子、佐々木美玲、潮紗理菜が明かす「改名」への本音と今

    映画

     日向坂46のドキュメンタリー映画『3年目のデビュー』が8月7日より全国公開される。当初、3月の公開を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大により一時は公開延期となり、多くのファンたちが待ちわびていた作品だ。彼女たちの前身・けやき坂46時代から現在までをたどる作品にちなみ、結成からグループを支える一期生の齊藤京子、佐々木美玲、潮紗理菜に、自分たちの歴史を振り返ってもらい、「改名」当時の率直な思いや、今も大切に思うけやき坂46の楽曲について語ってもらった。なお、インタビューは3月上旬に行われたものである。

    齊藤京子

    佐々木美玲

    潮紗理菜

    日向坂46


  • 森川葵、バラエティーで覚醒 “カメレオン女優”から“ワイルド・スピード森川”へ

    森川葵、バラエティーで覚醒 “カメレオン女優”から“ワイルド・スピード森川”へ

    エンタメ

     “ワイルド・スピード森川”――水曜の夜、SNSのトレンドに急浮上するこのワードをご存じだろうか。女優の森川葵が、『それって!?実際どうなの課』(中京テレビ・日本テレビ系/毎週水曜23時59分)で初めてのロケバラエティーに挑戦し、非凡なセンスで驚きの活躍を見せる姿に与えられた称号だ。これまで『賭ケグルイ』『文学処女』など多くの映画やドラマにおいて“カメレオン女優”と呼ばれる演技で世の中を魅了してきた森川に、大反響を呼んでいる現在の心境を聞いた。

    森川葵

    インタビュー


  • 西野七瀬の“新人時代”の思い出「アイドルって、めちゃくちゃ働くんだ」

    西野七瀬の“新人時代”の思い出「アイドルって、めちゃくちゃ働くんだ」

    エンタメ

     乃木坂46を卒業後、女優としてまい進する西野七瀬が今挑んでいるのが、石原さとみ主演の『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系/毎週木曜22時)だ。病院薬剤師たちの知られざる舞台裏を描いていく本作で、新人薬剤師の相原くるみを演じている西野。そんな彼女自身の“新人時代”はどんなものだったのか――。乃木坂46加入時、卒業後一人で歩み始めた当初、そして、女優として新人ともいえる今について話を聞いた(本記事の取材は3月に行いました)。

    西野七瀬

    アンサング・シ...

    インタビュー


  • 石原さとみ、女優業に抱く希望「励ますことのできる人になりたい」

    石原さとみ、女優業に抱く希望「励ますことのできる人になりたい」

    エンタメ

     石原さとみが病院薬剤師を演じるドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の放送が、いよいよスタートする。新型コロナウイルス感染拡大の影響から、一時は撮影中断、放送延期となっていた同ドラマ。自粛期間中に、石原は「先が見えない状況の中で、誰もが不安だったと思います。希望を失ってしまうことは恐ろしいことだなと感じた」とさまざまな思いを巡らせることもあったという。そんな中で握り締めたのは、「励ますことのできる人になりたい」という確かな意志。石原が再開された撮影現場の様子とともに、女優業に抱く“希望”について語った。

    石原さとみ

    アンサング・シ...

    インタビュー


  • 山崎賢人、俳優デビューから10年「何度も壁にぶち当たった」

    山崎賢人、俳優デビューから10年「何度も壁にぶち当たった」

    映画

     俳優の山崎賢人が、又吉直樹の小説を映画化した『劇場』でどうしようもない“ダメ男”役にトライ。人生初の無精ひげを生やし、新境地を切り開いている。演じたのは、創作活動が思うようにいかず、恋人にもつらく当たってしまう劇作家の永田役。若手俳優のトップランナーとなった山崎だが、役者業に打ち込む中では「何度も壁にぶち当たってきた」と告白。「永田の表現者としての弱さに共感した」と胸の内を打ち明ける。壁にぶち当たり、見えてきた景色ーー。俳優デビューから10年。「正解がないからこそ、難しい。だからこそ、面白いと実感している」という役者業への熱い思いを語ってもらった。

    山崎賢人

    劇場(2020)

    映画

    インタビュー


  • 大原優乃「1人焼き肉も行けるようになっちゃいました」 20歳の意外なグルメ事情

    大原優乃「1人焼き肉も行けるようになっちゃいました」 20歳の意外なグルメ事情

    エンタメ

     ほがらかな笑顔と自慢のボディーでグラビア界を席巻し、昨今は女優としての活躍も目立つ大原優乃が、ドラマ25『女子グルメバーガー部』(テレビ東京ほか/毎週金曜24時52分)に出演する。劇中では、彼氏に振られたショックから、両手に余るほど大きなグルメバーガーを豪快にやけ食いする女子を熱演。一方、プライベートでは20歳にして「1人焼き肉も行けるようになっちゃいました」と、自らのグルメ事情も明かしてくれた大原に、リモートでインタビューを行なった。

    大原優乃

    女子グルメバー...

    インタビュー


  • 富田望生、“容姿”がテーマの作品に前向き 「求められることがうれしい」

    富田望生、“容姿”がテーマの作品に前向き 「求められることがうれしい」

    映画

     安定した演技力と異色の存在感で、若手女優のなかでも異彩を放つ富田望生。現在6クール連続で連ドラに出演中の彼女が、同名人気コミックを映画化したラブコメ映画『私がモテてどうすんだ』では、大好きなアニメキャラが死んだショックから1週間寝込み、激ヤセして急にモテ始めるBL(ボーイズラブ)好きのヒロイン・芹沼花依を、E‐girlsの山口乃々華と2人1役で演じている。弱冠20歳ながら、本作を含め“容姿”をテーマとしている作品への出演が相次いでいることについて、富田は「求められることがうれしい」と前向きにとらえている――。

    私がモテてどう...

    富田望生

    映画

    インタビュー


  • 奥平大兼16歳、デビュー作で“母”長澤まさみからビンタ「自然と涙が出た」

    奥平大兼16歳、デビュー作で“母”長澤まさみからビンタ「自然と涙が出た」

    映画

     17歳の少年が起こした実際の祖父母殺人事件をヒントに作られた映画『MOTHER マザー』。長澤まさみが、育児放棄といえる行動をとりながらも息子に強い執着を見せるシングルマザーの秋子を演じる本作で、17歳になった秋子の息子・周平を演じてデビューを飾る奥平大兼が、予告編やポスターの解禁時から「あの少年は?」と注目を集めている。「今の自分を全く想像していませんでした」とはにかむ現在16歳の奥平が、初めての撮影にどう臨んだのか。“母”長澤との撮影秘話、そして自身の母との関係も明かした。

    MOTHER マザー

    奥平大兼

    映画

    インタビュー


  • ソ連偽りの繁栄を暴く『赤い闇』 A・ホランド監督に聞く、情報洪水社会を生き抜くヒント

    ソ連偽りの繁栄を暴く『赤い闇』 A・ホランド監督に聞く、情報洪水社会を生き抜くヒント

    映画

     世界恐慌下の1930年代、隠蔽されたソ連の悲惨な“実態”を暴き出した英国人記者の壮絶な闘いを描く映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』。本作でメガホンを取ったアグニェシュカ・ホランド監督は、「これは決して過去のことではない、現代も同じような状況に近づいている」と警鐘を鳴らす。政府とメディアの癒着、氾濫するフェイクニュース、そしてコロナ禍でも繰り広げられた大国同士のプロパガンダ合戦など…1930年代同様、真実が見えない時代の中で、われわれは何を信じて生きていけばいいのか? ホランド監督にジャーナリズムのあるべき姿を聞いた。

    赤い闇 スター...

    アグニェシュカ...

    映画

    実話(映画化)


  • 長澤まさみ「エンタメがないと人は生きていけない」 いま思う“楽しむこと”の大切さ

    長澤まさみ「エンタメがないと人は生きていけない」 いま思う“楽しむこと”の大切さ

    映画

     コロナ禍に見舞われた2020年。誰もが経験のない状況に陥る中、エンターテインメント界もストップを余儀なくされた。音楽ライブも演劇公演も中止され、映画も公開延期が続いた。今もウイルスが消えたわけではない。しかし、緊急事態宣言も解除され、予防策を取りながら、社会がゆっくりと動き始めた。こうした状況下で、主演映画『MOTHER マザー』が公開の運びとなった長澤まさみが本作についてのほか、自粛期間中の生活、そして改めて感じた「エンターテインメントの大切さ」を語った。

    長澤まさみ

    インタビュー

    MOTHER マザー

    映画


  • 綾野剛&星野源『MIU404』撮影再開の思い コロナ禍を経て最強バディに!

    綾野剛&星野源『MIU404』撮影再開の思い コロナ禍を経て最強バディに!

    エンタメ

     綾野剛と星野源がダブル主演を務める金曜ドラマ『MIU404』(TBS系/6月26日より毎週金曜22時)の放送が、いよいよスタートする。新型コロナウイルスの感染防止のために3月末に撮影が中断し、放送開始も延期に。未曾有の事態に直面しながらも、この日を迎えられたことに、綾野は「感謝の一言」、星野も「とにかくうれしい」と喜びをあふれさせる。撮影再開を願い、お互いに励まし合っていたという2人が、撮影中断への率直な思い、そして「同じ方向を向いている」と確信できたことで、より深まったという絆について語った。

    MIU404

    綾野剛

    星野源

    インタビュー


  • 中川大志、「覚悟が必要だった」ソニック役も『おはスタ』恩師・山寺宏一との共演に喜び

    中川大志、「覚悟が必要だった」ソニック役も『おはスタ』恩師・山寺宏一との共演に喜び

    映画

     日本発の人気ゲームキャラクターをハリウッドで完全実写映画化した『ソニック・ザ・ムービー』で、日本語吹き替え版のソニック役に抜てきされた俳優の中川大志。パワフルで軽やかなソニックを見事に表現しており、共演した声優の山寺宏一も「たいしたもんだ」と驚きのコメントを寄せている。中川は「小さな頃から好きだったソニックを演じられるなんて想像もできなかった。最初はそれを背負う勇気が出なかった」と一度はオファーを断ったと告白。ソニックを演じるにはどんな苦労があったのか。

    ソニック・ザ・...

    中川大志

    インタビュー

    映画


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access