クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

劇場版ポケットモンスター ココ 関連記事

  • 『劇場版ポケットモンスター ココ』メインカット

    劇場版『ポケモン』12.25公開決定 メインテーマは岡崎体育×トータス松本

    アニメ・コミック

     ポケットモンスター映画シリーズ最新作『劇場版ポケットモンスター ココ』の新たな公開日が12月25日に決定。併せて、劇中楽曲の担当としてシンガーソングライターの岡崎体育と音楽グループ「ウルフルズ」のトータス松本の参加も発表された。@@cutter 毎年“夏はポケモン!”を合言葉に、22年間にわたり夏の劇場公開を続けてきたポケモン映画。その23作目となる最新作『劇場版ポケットモンスター ココ』の上映がコロナ禍により冬に延期されていたが、新たな公開日が12月25日に決定。併せて、劇中楽曲を岡崎体育がプロデュースし、メインテーマの歌唱をトータス松本が担当することも決まった。  メインテーマ「ふしぎなふしぎな生きもの」をはじめとした劇中楽曲をプロデュースする岡崎体育は大のポケモン好きとして知られ、テレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』ではオープニングとエンディング両方のテーマソングを担当した実績を持つ。歌詞には「親子ってなんだ? 育てるってなんだ?」と父親目線のメッセージが込められており、本作の世界観に優しく強く寄り添った楽曲に仕上がっている。なお、単独のアーティストによる複数楽曲が本編に使用されるのはポケモン映画初の試みとなる。  岡崎は「プレッシャーや苦悩もありましたが、矢嶋監督をはじめ、素晴らしいスタッフやアーティストの方々と一緒に作品を作っているという喜びがいつも僕の背中を押してくれました」とコメント。トータス松本は「岡崎体育君は前からおもしろいと思っていた。だから、歌ってくれと頼まれてすぐ引き受けた。そしたらポケモンの、グッとくる歌だった」と手応えを語り、「世のお父ちゃんはみんな、岡崎君に泣かされると思います」と太鼓判を押した。  併せて解禁された予告では、サトシと出会い、自身の境遇に少しずつ疑問を抱き始めるココにフォーカス。「父ちゃん、オレ、ニンゲンなの?」と悩むココ、そして本当の父親のようにココを思うザルードの親子の絆と、トータス松本が歌う「ふしぎなふしぎな生きもの」が絶妙にマッチした、心揺さぶられる映像となっている。  『劇場版ポケットモンスター ココ』は12月25日全国公開。

  • 『劇場版ポケットモンスター ココ』メインカット

    ポケモン映画初『みんなの物語』8月5日YouTubeで無料上映 最新作の重大発表も

    アニメ・コミック

     2018年に公開されたポケモン映画シリーズ21作目『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』が、ポケモン公式YouTubeチャンネルにて、8月5日19時より無料でオンライン上映されることが決定。さらに上映後、今冬公開の『劇場版ポケットモンスター ココ』の特別番組「ココだけマル秘情報解禁」が配信されることも発表された。@@cutter 毎年“夏はポケモン!”を合言葉に、22年間夏に劇場公開をしてきたポケモン映画。しかし、今年7月10日に公開予定だったポケモン映画シリーズ23作目となる最新作『劇場版ポケットモンスター ココ』がコロナ禍により上映が延期され、今年は初めての冬公開に。  そんな中、制作陣の「このような状況の中だからこそ、“夏も”みなさんに作品を届けたい」という思いから、2018年公開の矢嶋哲生監督作品『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の無料オンライン上映会が決定。映画はライブ配信となるが、ポケモン公式Youtubeチャンネルでの無料映画配信はポケモン映画史上初の試みとなる。  “夏も冬もポケモン祭り!「『みんなの物語』無料オンライン上映会」&ココだけマル秘情報解禁”と題されたこの上映会では、映画上映後に今冬公開となる『劇場版ポケットモンスター ココ』の最新情報を紹介する番組「ココだけマル秘情報解禁」も続けて配信予定。ここでしか聞けないスペシャルなゲストたちからのコメント映像や、世界最速の未解禁情報などを届ける。  “夏も冬もポケモン祭り!「『みんなの物語』無料オンライン上映会」&ココだけマル秘情報解禁”は、ポケモン公式YouTubeチャンネルにて8月5日19時よりライブ配信。『劇場版ポケットモンスター ココ』は今冬公開。

  • 『劇場版ポケットモンスター ココ』ゲスト声優(左から)中川翔子、中村勘九郎、上白石萌歌、山寺宏一、

    『ポケットモンスター ココ』上白石萌歌&中村勘九郎、ポケモンと人間の親子役に

    アニメ・コミック

     冬に公開される、ポケットモンスター映画シリーズ最新作『劇場版ポケットモンスター ココ』より、ゲスト声優として女優の上白石萌歌と歌舞伎俳優の中村勘九郎の出演が決定。上白石がココ役を演じることがわかった。@@cutter 1998年の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』から始まり、今年で23作目を迎えるポケモン映画。“夏はポケモン!”を合言葉に、夏の劇場公開を22年間続けてきたが、今年は初めての冬公開となる。今作では、森を舞台に、ポケモンに育てられた少年・ココと、ココを育てた幻のポケモン・ザルードの親子の愛を描き、今までにないカタチの絆の物語となる。  ポケモンと人間の親子役として、ポケモンに育てられた少年ココを上白石が演じ、ココを育てた幻のポケモン、ザルードを中村が演じる。さらに、今年で連続出演23年目を迎える山寺宏一が最先端技術を研究する「ビオトープ・カンパニー」のゼッド博士役、今作で13作目の出演となる中川翔子が女性研究員・カレン役として出演することも決定した。  ポケモンと人間の狭間で揺れ動く10歳の少年を演じる上白石は、「小さいころは“ポケモンかわいいな”っていう視点で見ていたものが、大人になった今、こんなに深いメッセージが込められていたんだと感じるようになりました」と語り、本作について「血が繋がっていなくても親子だということだったり、人とポケモンとの絆など、色々なつながりがテーマの作品なのかなと思いました」とコメント。  声優初挑戦の中村は「歌舞伎俳優は、伝統を代々繋いでいく中で絆が生まれてくるものですが、ザルードも掟を守り続けているポケモンなので、共感できる部分も多くてグッとくるものがありました」と明かし、「アニメの声優をやりたいとずっと思っていたのに加えて、初めて挑戦する声優のお仕事がこんなに長く愛されている『ポケモン』だというのが嬉しかったです」と喜びをあらわにした。  『劇場版ポケットモンスター ココ』は今冬全国公開。

  • 『劇場版ポケットモンスター ココ』本ポスタービジュアル

    『劇場版ポケモン』最新予告 ココは幻のポケモン・ザルードに育てられた少年と判明!

    アニメ・コミック

     7月10日に公開される、ポケモン映画シリーズ最新作『劇場版ポケットモンスター ココ』より、謎に包まれたココの正体が明らかとなる予告映像と本ポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 1998年の『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』から始まり、今年で23作目を迎えるポケモン映画。昨年は、その記念すべきシリーズ第1作目が、『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』としてフル3DCGでよみがえり、新しく進化し続けている。  そんな劇場版ポケモンの最新作となる本作。先日タイトルとティザービジュアルが解禁された際には、たった2文字というタイトルの短さや、いったい「ココ」が何を指し示すのか、謎に包まれた最新作を多くのファンがSNSで推測するなど話題となった。  今回解禁された予告映像では、ポケモンたちの楽園・オコヤの森に偶然冒険にやってきたサトシとピカチュウの目の前にココ姿を現し「コ…、コ」と名乗る場面からスタート。自らもポケモンだと信じる少年「ココ」が、ポケモンたちに囲まれて木の実を食べる姿や、ポケモンたちと遊びまわる様子、木の上で居眠りするシーンなどが流れる一方、「本当にポケモンなのか?」と感じはじめるサトシ。  そんな中、突然オコヤの森に危機が訪れ、逃げ回るポケモンを助けるココの姿と、ココ自身も危ない目に遭うシーンが写し出される。すると、ココを間一髪のところで助ける幻のポケモン・ザルードが登場。なんとココはザルードを「父ちゃん」と呼び、“ポケモンが人間を育てる”という新しいカタチの絆を描いた物語となることがわかる映像となっている。  併せて解禁された本ポスタービジュアルは、オコヤの森に美しい夕日が差し込む中、ザルードに頭を撫でられて照れくさそうにしているココと、そんな2人を温かく見守るサトシとピカチュウ、ホシガリスが描かれたほほえましいもの。そこに「君に伝えたい。」というコピーが添えられ、さらに、頭上の葉の間には幻のポケモン・セレビィの姿も描かれており、ピンク色のセレビィが映画でどう登場するのかにも注目のビジュアルとなった。  『劇場版ポケットモンスター ココ』は7月10日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access