クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

赤い闇 スターリンの冷たい大地で 関連記事

  • 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』場面写真

    『赤い闇』、8月公開の共産圏映画『ジョーンの秘密』『死霊魂』との共通点に迫る

    映画

     スターリン体制下のソ連に命がけで立ち向かった英国人ジャーナリストの実話を描く映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』より、本作と同じ共産圏映画で、8月に公開される『ジョーンの秘密』『死霊魂』との共通点を紹介。新たな場面写真も解禁された。@@cutter 秘密主義の独裁国家“ソビエト連邦”に潜入した実在のイギリス人ジャーナリスト、ガレス・ジョーンズが、その“偽りの繁栄”を暴こうと命をかけて闘う様を描く本作。ポーランド出身のアグニェシュカ・ホランド監督がメガホンを取り、ジェームズ・ノートンがガレス・ジョーンズを演じる。  世界恐慌の中、なぜソ連だけが繁栄しているのか疑問を持ったジョーンズは、肥沃な大地だと言われていたウクライナに潜入。そこは凍てついた地で、スターリン政権に食糧を搾取された人々が餓えに苦しむ姿を目の当たりにする。ジョーンズはウクライナの実態を告発するため各所に呼びかけるも、信憑性がないとされ取り扱ってもらえない。その理由は、スターリンの徹底した国外への情報流出管理と、ナチスドイツが台頭する中、ソ連に寄り添うイギリスの時代背景によるものだった…。  8月は本作のほかに、共産圏を題材とした映画『ジョーンの秘密』『死霊魂』が公開される。イギリス映画『ジョーンの秘密』(8月7日公開)は、ソ連崩壊まで実在したKGBのスパイだったイギリス人物理学者を描く物語。第二次世界大戦中の1941年、ドイツがソ連に侵攻したことで独ソ不可侵条約が崩れ、イギリスとソ連は同盟国に。混乱の時代の中、イギリスのインテリと呼ばれている人々にソ連がいかに人気であったか、『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』と共通した時代背景が伝わる作品となっている。  『死霊魂』(公開中)は、毛沢東が率いた中華人民共和国を題材にしたドキュメンタリー。ワン・ビン監督が、文化大革命前の中国史の闇といわれる「反右派闘争」に迫った、8時間を超える大作だ。反乱分子、反革命分子と見なされた人たちが大量に収容所に送られる中、大飢饉にも襲われる。人が極限状態に陥るとどうなってしまうのか、『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』で描かれたホロドモール(ウクライナ飢饉)と重なるような衝撃のエピソードが生き残った人々によって明かされていく。  映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は8月14日より全国公開。

  • 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』場面写真

    『赤い闇』ウクライナの壮絶な飢えの実態 オレンジの皮に人々が群がる本編映像

    映画

     スターリン体制下のソ連に命がけで立ち向かった英国人ジャーナリストの実話を描く映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』より、本編映像が解禁。当時のソ連が隠していた、ウクライナの人々の壮絶な飢えの実態が垣間見える場面を収めている。@@cutter 秘密主義の独裁国家“ソビエト連邦”に潜入した実在のイギリス人ジャーナリスト、ガレス・ジョーンズが、その“偽りの繁栄”を暴こうと命をかけて闘う様を描く本作。映画『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』などで知られるポーランド出身のアグニェシュカ・ホランド監督がメガホンをとり、若き英国人記者の主人公ジョーンズを、次期ジェームズ・ボンド役とも噂される俳優のジェームズ・ノートンが演じる。  解禁された本編映像は、ジョーンズがウクライナに向かう列車に乗り込んだ直後のシーン。汽車に揺られる中、明かりも暖房もない貨物列車のような場所に詰め込まれている大勢の人々は、ジョーンズがカバンから1つのオレンジを取り出すと「食べ物だ」と一斉に注目。そしてオレンジの皮を剥くジョーンズを、餌を狙うハイエナのように、あるいは1人オレンジを食べようとするジョーンズに対して憎しみを感じているかのように凝視する。  その後、ジョーンズがオレンジの皮を何気なく床に投げると、人々は一斉に立ち上がり、まさにハイエナのごとく無言で皮に群がるのだった…。汽車が到着した時、果たしてジョーンズはウクライナの地で何を知ることになるのか。ソ連が「理想郷」と謳っている裏で、現地の人々がどれだけ飢えに苦しんでいたのかが痛々しいほどに伝わる映像となっている。  1933年、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズ(ジェームズ)には、大いなる疑問があった。世界恐慌の嵐が吹き荒れるなか、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのか。その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、すべての答えが隠されているウクライナ行きの汽車に乗り込む。やがて凍てつくウクライナの地を踏んだジョーンズが目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような光景だった…。  映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は8月14日より全国公開。

  • 三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー 『動物農場』DVD(発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン)

    映画『赤い闇』で語られる、傑作寓話『動物農場』の誕生秘話に注目

    映画

     スターリン体制下のソ連に命がけで立ち向かった英国人ジャーナリストの実話をもとに描く映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』。秘密主義の独裁国家に潜入した若きジャーナリストの闘いを描出する本作では、ジョージ・オーウェルによる傑作寓話『動物農場』の誕生秘話も語られる。@@cutter 映画『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』などで知られるポーランド出身の女性監督アグニェシュカ・ホランドがメガホンをとり、命の危険を顧みず真実を追い求めた実在の英国人記者ガレス・ジョーンズの不屈のドラマを描く本作。主人公ジョーンズを次期ジェームズ・ボンド役ともうわさされる実力派俳優ジェームズ・ノートンが演じ、ヴァネッサ・カービー、ピーター・サースガードらが共演する。  『動物農場』は、『1984年』で知られる英国生まれの小説家ジョージ・オーウェルによって1945年に発表された。登場人物を人間ではなく、ブタやウシやヒツジといった動物に代えて、権力構造やスターリン主義への痛烈な批判を寓話的に描き出している。  1954年には英国で長編アニメ化され、2008年には三鷹の森ジブリ美術館ライブラリーの配給で劇場公開後、DVD化された。そのジャッケット裏面には、独裁者をブタに見立てたこの作品に対して、宮崎駿の「歴史は繰り返す。支配する者とされる者。その構造は変わらない、ただ… 今、豚は太っていない。」というコメントが掲載されている。また、これまで幾度となく日本でも出版され、石ノ森章太郎がコミカライズ、開高健が邦訳で参加している。  映画『赤い闇』は、そんな『動物農場』をジョゼフ・マウル演じるオーウェルがタイプしているシーンから幕が上がる。さらに、興味深いサブストーリーも盛り込まれている。実は、ジョーンズのソ連における取材こそが『動物農場』の誕生のきっかけとなっているのだ。  ほかにも劇中では、ジョーンズとオーウェルの意外な接点に加え、終盤には、映画監督のオーソン・ウェルズが『市民ケーン』で描き、自ら演じた米国の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストも登場するなど、ドラマティックなストーリーのうねりが知的好奇心を刺激する。『動物農場』の農場主の名前が“ジョーンズ”であることも興味深い点だ。  映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は8月14日より全国公開。

  • 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』の(左から)ジェームズ・ノートン、アグニェシュカ・ホランド監督、ピーター・サースガード

    『赤い闇』A・ホランド監督、次期ボンド役候補ジェームズ・ノートンの演技を絶賛

    映画

     スターリン体制下のソ連に命がけで立ち向かった英国人ジャーナリストの実話を描く映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』より、次期ジェームズ・ボンド役ともうわさされる主演のジェームズ・ノートンと、共演のピーター・サースガード、そしてアグニェシュカ・ホランド監督の3ショット写真が解禁された。@@cutter 本作は、秘密主義の独裁国家・ソ連に潜入した実在の英国人ジャーナリスト、ガレス・ジョーンズが、その“偽りの繁栄”を暴こうと命をかけて闘う様を描く。ジェームズが主人公ジョーンズ役、ピーターがニューヨーク・タイムズ紙モスクワ支局長ウォルター・デュランティ役を演じる。メガホンを取ったのは、映画『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』などで知られるポーランド出身のアグニェシュカ・ホランド監督。  解禁された3ショットは、本作がコンペティション部門に出品された2019年ベルリン国際映画祭で撮影されたもの。柔らかで紳士的な雰囲気のジェームズと、スーツの胸元を開け“大人の色気”全開のピーターの間で、ホランド監督が自身の両手を握りしめ笑顔で写真に収まっている。  主人公ジョーンズを演じたジェームズについて、ホランド監督は「演技のテクニックがものすごくさりげない」と評する。編集の段階になり、初めてジェームズの細かいしぐさやそれに込められた意図に気づいたといい、「もちろん現場で演技を見ているけど、あまりにも緻密で計算されているから、実際に編集し始めるまでわからなかったの」と明かした。  ジェームズは作品について「一般的にあまり知られていないこの物語を聞かされた人たちは、“なぜ知らなかったのか”と驚くことだろう。ガレスは希有(けう)の存在だし、彼が目の当たりにしたことも歴史上類を見ない。信じがたい話だよ。飢餓の実態をウェールズ出身の記者がひとりで暴いたなんて」と話した上、映画出演の決め手になるのはキャラクターの人物像だとしている。  「複雑で理解しがたい人物に惹かれることが多い」と話すのは、スターリンを擁護した大物記者デュランティを演じたピーター。「私が演技をするうえで重要視しているのは、その人物の納得できない態度を理解すること。デュランティの場合も同じだ。彼はなぜ長期間にわたって“その闇”を否定し続けたのかが疑問でね。そう考えるうちに興味を持ったんだ」と話す。そしてデュランティのような人物は現代、特に権力者の近くにいる人たちに多いとも話し、「これは世界共通の話で、アメリカは確実に当てはまる。だから我々は読む記事を慎重に選ぶ必要があるんだ」と語った。  新たに2枚の場面写真も公開された。ジョーンズがタイプライターに向かう姿と、デュランティがパーティーの参加者たちとグラスを手に乾杯する姿を写しており、同じジャーナリストでも立場の異なる2人が、どのように関わっていくのかにも注目だ。  映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は8月14日より全国公開。

  • アグニェシュカ・ホランド監督

    ソ連偽りの繁栄を暴く『赤い闇』 A・ホランド監督に聞く、情報洪水社会を生き抜くヒント

    映画

     世界恐慌下の1930年代、隠蔽されたソ連の悲惨な“実態”を暴き出した英国人記者の壮絶な闘いを描く映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』。本作でメガホンを取ったアグニェシュカ・ホランド監督は、「これは決して過去のことではない、現代も同じような状況に近づいている」と警鐘を鳴らす。政府とメディアの癒着、氾濫するフェイクニュース、そしてコロナ禍でも繰り広げられた大国同士のプロパガンダ合戦など…1930年代同様、真実が見えない時代の中で、われわれは何を信じて生きていけばいいのか? ホランド監督にジャーナリズムのあるべき姿を聞いた。@@cutter 本作は、米アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの経験を持つ『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』の名匠ホランド監督が、実話をベースに映画化した衝撃ドラマ。1933年、世界が不況にあえぐ中、スターリン統治下の独裁国家・ソ連だけがなぜ、“理想郷”と呼ばれるほど繁栄しているのか。その謎を解き明かすため、単身モスクワを訪れた英国人記者ガレス・ジョーンズ(ジェームズ・ノートン)は、当局の目をかいくぐり、すべての答えが隠されているウクライナの地に足を踏み入れる。だがそこで目にしたものは、大飢饉(ききん)という想像を絶する光景だった…。 ■大切なのは、外側の史実ではなく内なる“真実”  脚本を読み終えた瞬間、「この物語は、映画として絶対につづらなければならないと確信した」と語るホランド監督。「なぜなら、私たちが今生きている世界が、徐々にあの時代に近づいていると感じていたから。いつの間にか許されてしまった共産主義の犯罪を再び起こさないためにも、もう一度、徹底的に分析する必要があると思ったの」と言葉をかみしめる。「さらに興味深かったのは、なぜこの世には、自分の人生を犠牲にしてまで真実や正義のために戦うことができる人がいるのか、ということ。彼らと私たちは何が違うのか…それが最大のミステリーだった」と吐露。かねてから自身のアイデンティティーという実存的な問いにこだわり続けてきたホランド監督らしい疑問だ。  だが、こうした実話をベースにした重いテーマを選びながらも、ホランド監督は事実を事実として正確に描くドキュメンタリー的な手法を好まない。その陰影豊かなヴィジュアルとサスペンスフルな語り口は、むしろ映画ファンの心を鷲づかみにする極上のエンタテインメントへと昇華されている。「私はトゥルー・ストーリーの“罠”をよくわかっているの。今、欧米などでは、実話を描いた作品がリスペクトされ、想像するよりも真実をそのまま伝える方が“価値”があると思われている。それはとても残念なこと」と嘆く。 @@insert1  「なぜなら、映画というものは、そもそもイマジネーションから始まり、感覚的、視覚的な旅であるべきだと思うから。今回のように実在の人物が登場する場合、私は最初から“フィクション“として作ることを心がける。つまり、外側にある説明的な要素よりも、内なる“真実”にアプローチすることがより重要だと思うから」と持論を展開する。それは自身の師であるアンジェイ・ワイダ監督から学んだ哲学でもある。「私は、観客と真剣に向き合い、それが難しい対話であっても、怠けず、恐れず、コミュニケーションを取ることを彼から学んだ。史実をただ語るのではなく、そこに隠された“核心”を観客にしっかりと届けること、それがフィルムメーカーとして必要なことだと私は確信している」。@@separator■今こそ信念を持った“ファクトチェッカー”が必要  スターリンによる独裁国家・ソ連は、情報操作によって大飢饉という実態を、真逆の“繁栄”として世界に伝えた。ニュースという醸成物の恐ろしさを改めて考えさせられる史実だが、ふと見渡せば、政府とメディアの癒着、氾濫するフェイクニュース、さらには大国同士のプロパガンダ合戦など、「いったい何が真実で、何が虚偽なのか」という点では現代にも直結する問題だ。これに対してホランド監督は、「今のメディアはとても憂える状態。そのメディアをポピュリズムの政権がうまく利用して、ますます腐敗は進んでいる」と肩を落とす。「スターリンやヒトラーの時代はラジオや紙媒体を巧みに使っていたが、今はSNSなどであっという間に拡散されてしまう…」とまさにお手上げの状態。  こうした危機的状況を改善するためには、どのような努力が必要なのか。「政治やイデオロギー、金銭的な誘惑に追従せず、確固たる信念と客観性を持って事実を調査・報告ができる力を持ったジャーナリスト、つまり強力な“ファクトチェッカー”が必要不可欠。ジョーンズがまさにその典型ですが、彼のようなジャーナリストがどんどん消えていっている今日、そういった真のプロが勇気を持って仕事ができるよう、私たちが支援し、保護しなければならない。それができなければ民主主義は生き残れない。腐敗したメディア、日和見的な政治家、そして無関心な社会、この3つが揃うと、また恐ろしい歴史が繰り返される」と警鐘を鳴らした。 @@insert2 * * *  現在、フランス在住のホランド監督(ワルシャワ生まれのポーランド人)。コロナ関連の情報が錯綜する中、フランスのメディアはどう対応していたのかを聞いてみると、「この国のメディアは他国に比べて自分たちを律する鍛錬ができている。感情的に抑制されており、たやすく操られることはない」と称賛。だからこそ、国のリーダーがいかに責任能力に欠いていたかをメディアによって容赦なく露呈されてしまったわけだが、「面白いと思ったのが、人々を上手にまとめ、コロナと戦えている国は、不思議と女性リーダーが多いこと。私たちに今必要なのは、兵士ではない、ということかしら…」と笑顔を見せていた。(取材・文:坂田正樹)  映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は8月14日より全国順次公開。 @@insert3

  • 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』場面写真

    ソ連がひた隠した“闇”とは…名もなきジャーナリストが立ち向かう『赤い闇』予告解禁

    映画

     スターリン体制下のソ連に命がけで立ち向かった英国人ジャーナリストの実話を、次期ジェームズ・ボンド役ともうわさされる実力派俳優ジェームズ・ノートンの主演で描く映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』より、日本版予告編が解禁された。@@cutter 秘密主義の独裁国家“ソビエト連邦”に潜入した実在のイギリス人ジャーナリスト、ガレス・ジョーンズが、その“偽りの繁栄”を暴こうと命をかけて闘う様を描く本作。映画『僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ』『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』などで知られるポーランド出身のアグニェシュカ・ホランド監督がメガホンをとり、息もつかせぬサスペンスフルな語り口と陰影豊かなビジュアルで、ジョーンズの不屈の闘いを描き出す。  1933年、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズ(ジェームズ)には、大いなる疑問があった。世界恐慌の嵐が吹き荒れるなか、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのか。その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、すべての答えが隠されているウクライナ行きの汽車に乗り込む。やがて凍てつくウクライナの地を踏んだジョーンズが目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような光景だった…。  日本版予告編は、ジョーンズがモスクワに乗り込んでスターリンにインタビューを試みようとする場面からスタート。しかし、モスクワに来た目的を聞かれ「スターリンにインタビューをしたくて」と答えるジョーンズは「どの国の元首にも簡単に会えると?」と当局から冷たく言われる。そんなジョーンズに対し、ニューヨーク・タイムズのモスクワ支局に勤める女性記者エイダ(ヴァネッサ・カービー)は、「黙って聞いて。謎はウクライナに」と告げるのだった。  すぐさま汽車に乗り込み、肥沃な土地と伝えられていたウクライナに向かったジョーンズ。そこで目にしたのは、「パンをよこせ!」と食料を奪い合い、狂うほどに餓えた冷たい大地の人々だった。さらに、当局から逃れて行き場を失ったジョーンズはようやくスープにありつくが、具材を手に「なんの肉だ?」と問いかけるも、隣の少女はそれに答えず、不気味な咀嚼音を響かせる。  後半では、涙を流すエイダや、ニューヨーク・タイムズのモスクワ支局長であり、ピューリッツァー賞も受賞したウォルター・デュランティ(ピーター・サースガード)が映し出され、最後にジョーンズが「僕はソ連に行き、この目で真実を見たのです」ときっぱり語る姿で締めくくられている。  権力に屈するか、それとも真実を世に伝えるか。いろいろな思惑を持つジャーナリストたちの激しい葛藤と衝突の中、果たしてジョーンズは、ソ連の繁栄の裏に隠された闇を世に知らしめることができるのか。真実を追い求めたジョーンズの不屈のドラマに注目したい。  映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は8月14日より全国公開。

  • 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』場面写真

    独裁国家の闇が垣間見える『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』場面写真

    映画

     スターリン体制下のソ連に命がけで立ち向かった英国人ジャーナリストの実話を、次期ジェームズ・ボンド役ともうわさされる実力派俳優ジェームズ・ノートンの主演で描く映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』より、新場面写真が解禁された。@@cutter 秘密主義の独裁国家・ソ連に潜入した実在の英国人ジャーナリスト、ガレス・ジョーンズが、その“偽りの繁栄”を暴こうと命をかけて闘う様を描く本作。映画『僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ』『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』などで知られるポーランド出身のアグニェシュカ・ホランド監督がメガホンをとり、サスペンスフルな語り口と陰影豊かなビジュアルで、ジョーンズの不屈の闘いを描き出す。  1933年、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズ(ジェームズ)には、大いなる疑問があった。世界恐慌の嵐が吹き荒れるなか、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのか。その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、すべての答えが隠されているウクライナ行きの汽車に乗り込む。やがて凍てつくウクライナの地を踏んだジョーンズが目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような光景だった……。  新場面写真は6点。1枚は、ニューヨーク・タイムズのモスクワ支局で働く記者エイダ(ヴァネッサ・カービー)と支局長のウォルター(ピーター・サースガード)の2人が、タイプライターに向かう姿を捉えたカット。エイダの顔を覗き込むウォルターに対して、エイダはどこか曇った表情を浮かべている。  別の写真では、エイダとガレスが悲しい表情を浮かべながら抱き合う様子から、激しい感情の揺れと葛藤が感じられる。  しかしそんな中でも、どこか意を決したような真剣なまなざしを向けるガレスの姿も収められており、真実を明らかにしようとする強い意志が写し出されている。  このほか、ジョーンズが物語の鍵を握るウクライナに単身で乗り込んだシーン、複数の軍人が食料を求めるウクライナの民衆に対して怒鳴っているかのような緊迫感あふれるシーン、そしてウクライナで出会った子どもたちに話を聞こうとするジョーンズの様子も切り取られ、彼の真実を追い求める情熱と、秘密のベールで包まれた独裁国家の闇を垣間見ることのできる6枚となっている。  映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』は8月14日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access